商品カテゴリー

 

高さ連結

高さを連結するには、3つのやり方が有ります。
用途やお好みでお選びください。

1)ジョイントレールを使う

◆2018年12月より、さらに便利に使いやすいL型ジョイントレールにリニューアルしました!!
◆奥行き違いでも高さ連結可能。
◆マット加工のアルミレールなので見た目もシャープでスッキリ。
◇レール部分には棚板を取り付けできません。
◇全体の高さを計算する際には、レールの厚み2mmを足す必要が有ります。

ジョイントレールで高さ連結

<POINT>ジョイントレールは奥行きに合わせたサイズで選んでください

◆取り付け◆
1)先に下段ユニットを組み立てる
2)下段ユニット側面の上木口面に付属のネジでレールを取り付ける
3)上段ユニットの側面をレールに乗せ、上段ユニットの側面とレールを横からネジで固定


2)L型金具を使う

◆外側から金具が見えません。 
◆L型金具にはカバーを取り付け、金具を目立たなくさせることが出来ます。
◇L型金具の取り付け位置には、棚板を取り付けできません。
◇L型金具の上部に、必ず棚板を設置する必要が有ります。

L型金具で高さ連結

◆取り付け◆
1)先に下段ユニットを組み立てる
2)側板の一番上の穴にL金具を取り付ける
3)連結する側板を、下の側板の上に乗せてL型金具で止める(左右前後4か所)
4)L型金具の上に棚板を乗せてネジで固定する
5)LB801金具カバーで、L型金具を隠すことも可能


3)I金具を使う

◆外側から金具が見えません。 
◇I型金具の取り付け位置には、棚板を取り付けできません。
◇L型金具のようなカバーは有りません。

I型金具で高さ連結

◆取り付け◆
1)先に下段ユニットを組み立てる
2)側板の穴にI金具を取り付ける
3)連結する側板を、下の側板の上に乗せてI型金具で止める(手前と奥の2か所)


【奥行の異なる連結をする場合】

(1)のジョイントレールで連結してください。
この場合は、レールのサイズは「上に乗せる奥行のサイズ」に合わせてください。

奥行き違いの奥行連結



上に戻る